姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

まずは、月5万円から




umi117630.jpg




「動きケア(R)パーソナルトレーナー」の可能性を
感じた話です。




先日も皆さんにこんな話をしました。




月に5万円を普通のアルバイトで稼ごうとしたら、
時給800円として月に約63時間働く必要があります。




8時間労働として、約8日です。




かたや
「動きケア(R)パーソナル」の場合、おひとりを
1週間ごとに、1時間6,500円の指導料で
行ったとして、月に4回で、26,000円です。




クライアントさんが二人で、月52,000円、
労働時間は月に8時間です!

(一応、確認ですが、さっきの時給800円のアルバイト
では月に63時間でしたよ・・・・)。




「このように考えると、動きケア(R)パーソナルの
可能性を感じませんか? 皆さん、スゴイ技能と
チャンスを身につけておられんですよ」




こんなお話をさせていただいたら、早速ひとりの
方が行動にうつされました。




ブログで少しお知らせというか、クライアントの
募集をされたそうです。




すると、2カ月でクライアントさんが5人!!集まった
そうです。




スゴイですね!! たったこれだけのことで・・・・。




確かにうちの修了生の中には、月に150以上もの
予約を何年もとり続けている人もいます。




しかし、いきなりそこを目指してしまうとたいへんそうで、
とてもムリ!!、私にはできないと感じてしまう方も
いるでしょう。



そういう方は、


さっきのちょっと周りにお知らせしたら、クライアントが
5人集まった話を思い出して・・・、




まずは、クライアント2人から・・・・、




まずは、月5万円を目指して・・・・、



そんなところからでも、もっと小さなステップからでも




ちょっとした勇気と行動が新しいお仕事の扉を
開く・・・・、



それが「パーソナル指導」の世界なんだと




その可能性をぜひ、知っておいてほしい
と思います。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「棘上筋」断裂(2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語
∧top | under∨

「棘上筋」断裂(1)





(本記事は、当研究所スクール修了生の方のご報告をもとに事実に基づいて、
お伝えする「新時代のハイレベルパーソナルトレーナー物語」です)。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





私は、医療ライセンスは持っていないし、ましてやお医者さんでもないので、
クライアントさんの「痛み」や「不調」の箇所を直接何とかすることはできないし、
「治せます」とか絶対言わないし、言ってはいけないと思っています。



それでも、「身体のしくみ」というか、教えてもらった原則からブレないで、
指導させていただくと時にはビックリするようなことが起きたりします。



Kさんのケースもそうでした。




Kさんに最初にお会いした時、本当につらそうでした。いつも眉間によっている
シワがその「痛み」のつらさをあらわしているようです。



肩が痛くて、腕があがらないとのこと。
病院で受けた診断がさらに私をビビらせました。




その診断とは、「棘上筋断裂」。

医師からは「手術するしかありません」と言われたそうです。




「棘上筋断裂って・・・・、私に何ができるんだろう・・・・、今までで一番スゴイ
ケースかも・・・」いろんな思いが頭の中をかけめぐっていきます・・・・。




クライアントさんにはわからないように何とか気をとりなおし、ローテータカフ
に不調がある人はたいてい上肢帯の動きが悪くなっていることを思いだし、
上肢帯周辺筋からアプローチしてみることにしました。



ところが・・・・、




「痛み」が強すぎて、上肢帯をうごかすこともできませんでした!



八方ふさがりのあせり・・・・、う~ん、



どうする?!・・・・・、 何ができる??・・・・、




その時、頭に浮かんだのが、教えてもらった「人体・連動の原則」でした。



この「人体・連動の原則」が

・・・・・・結果的に、医師から「これなら手術なしでいけそうですね」と言われる
までにKさんを回復させるきっかけになるとは


この時は、まだ、まったく想像できませんでした。





(次号に続きます・・・・)











興味ある方はお急ぎください。


3月スタート!「動きのTCCT養成スクール」受講申込受付中
土曜日コース  あと5名様   日曜日コース  あと1名様



「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

曲げると痛い “膝” (2)

(本記事は、当研究所スクール修了生の方のご報告をもとに事実に基づいて、
お伝えする「新時代のハイレベルパーソナルトレーナー物語」です)。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(前記事より続きます)



座った彼の膝蓋骨をもう一度みてみる。


突出していると感じた「膝蓋骨」は・・・・、やっぱり左側より上に位置していた。


左側より右側の膝蓋骨が上に位置していたので触ると突出しているように
感じたのだ。


・・・とすると、膝を曲げる時に上に位置している右膝蓋骨がうまく下に
動かないイメージかな?・・・


Sくんに伏臥位になって右ひざを曲げてもらう・・・・、するとやはり痛みを
感じるようだ。


次は、若干のテクニックを加えながら、本来の動きに合わせて、膝蓋骨を
をアシストし、動きを出していく・・・・・、


もう一度膝を曲げてもらうと、90度付近で痛むという。


その角度あたりで少し丁寧に膝蓋骨の動きをアシストする。


「今度はどう?」ときく と 「もう痛くない」とのこと。


立位での膝の曲げ伸ばしでも痛みがないことを確認すると、自然に
彼から笑顔がみられた。


次の日確認すると、「練習中膝の痛みはなかった」とのこと・・・。


よかった。


また、レギュラー目指して白球を追うSくんの姿を思い浮かべるとなんとなく
私もうれしくなった。


そして、心の中で叫んでいた!


「がんばれよ! Sくん! ボディメンテナンスは俺が引き受けた」









本物塾・2月スタート、受付中です。
定員まで あと 7名様 です。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

曲げると痛い “膝” (1)

(本記事は、当研究所スクール修了生の方のご報告をもとに事実に基づいて、
お伝えする「新時代のハイレベルパーソナルトレーナー物語」です)。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





痛みを抱えながらも必死になって、一生懸命取り組んでいる、そんなアスリートの力に
なれることは本当にうれしいものだ。


Sくんのケースもそうだった。


Sくんは高校野球の選手である。名門と言われる学校でもう少しでベンチ入り
できるところまできたようだ。


そんな時に膝に痛みを感じるようになった。


近所の接骨院でマッサージを受けたりしたが、なかなかよくならないとの
ことだった。


本人が言うには、痛い右ひざについて、「骨がてている感じがする」との
こと。


オスグット? ちょっと頭をかすめる。


「どこ?」ときてみると彼が指さしたのは「膝蓋骨」だった。


確かに右の膝蓋骨が少し突出しているようにも見える。


「どんな時に特に痛みを感じるの?」ときくと


「膝の曲げのばしの時とか、走っているときも痛い・・・・」とのこと。


立位で膝の曲げ伸ばしをやってもらうと、曲げる時に痛みを感じる
ようだ。


曲げる時に痛みか・・・・、曲げる時に痛み・・・、曲げる時に痛み・・・、
突出した膝蓋骨、突出した膝蓋骨・・・・、突出した膝蓋骨・・・・、


呪文のように頭の中で繰り返していると・・・・、


何かがひらめいた! もしや・・・・!


このひらめきが彼の笑顔を取り戻すことになるとはこの時は
まだ、わからなかった・・・・。




(次号に続きます・・・・)









本物塾・2月スタート、受付中です。
定員まで あと 7名様 です。

→ 土屋 真人【㈱DOU フィットネス総合研究所】
  のホームページ


「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 67、新時代のパーソナルトレーナー物語 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT