FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

自然に胸がはれる「胸郭の動きを取り戻す」



動きケア体操・導ヨガ指導法セミナー
からのワンポイントです。




動きケア体操・導ヨガ
「胸郭部エクササイズ」からご紹介です。



息をすう 、胸郭部が斜め前上に広がる、 胸椎部が
そる、肩が自然に後ろにいく・・・・・



という基本的な連動がいつの間にかできなくなって
いることが多いです。



その本来の連動を取り戻すのに、おススメの
動きケア体操・導ヨガがこれです。



バスタオルを縦に二つ折りにして、
くるくるまいたタオルを縦に3つ並べ、
背骨にあててねます。




IMG_1513.jpg

手を腰の横から。



息をすって、肩甲骨を背中でよせ、肩甲骨で
タオルをはさみ、瞬間脱力を5回くらい繰り
返します。



腕を少し開いて、同じように繰り返します。
手の位置を10センチくらいずつ変えていく
感じです。わきの下が90度手前まで。



そこから、腕を少し閉じて、同じように繰り返します。
手がもとの位置まで。



この後、呼吸を行うと、



息をすう 、胸郭部が斜め前上に広がる、 胸椎部が
そる、肩が自然に後ろにいく・・・・・



という連動が自然にできるようになっています。



ぜひ、やってみてください。







2020年4月スタート!!
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
(日曜日クラス)(名古屋会場)受付スタートしました!!







動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 95、動きケア®体操(導ヨガ®)の詩 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「梨状筋の位置」


姿勢と動きセミナーからのワンポイント
です。




今回のテーマは、「股関節・内旋と股関節・外旋」
筋でいうと、「小殿筋」と「深層外旋六筋」でした。




IMG_1507.jpg
赤いテープが梨状筋をあらわしています。
梨状筋の下から「座骨神経」がでてきます。



梨状筋のあたり、触察できるといいですね。



いろいろな目安がありますが、

「上後腸骨棘」と大転子を結んだ線と、
「上前腸骨棘」と座骨結節を結んだ線の交わった
あたりが「梨状筋」です。




IMG_1508.jpg
慣れてくると、次の段階として、「上後腸骨棘」と大転子
を結んだ線だけ確認すれば、梨状筋の位置わかるよう
になります。




このあたりのこわばりを触察できるようになると、



腰痛の方(このあたりのこわばりが腰痛の原因
になっている方結構いらっしゃいます)





太もも裏側、ふくらはぎ、足裏などのしびれ、痛みが
気になる方(このあたりのこわばりがそれらの原因
になっている方いらっしゃいます)


の原因が判断できるようになります。




姿勢や動きを見る目プラス、触察スキルも高めて
おきたいものです。








2020年4月スタート!!
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
(日曜日クラス)(名古屋会場)受付スタートしました!!







動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  2、姿勢・うごきをみる目を養う | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「ハイアーチの運動方法は?」



皆さんからのご質問にお答えする
Q&A集です。




Q:
グループクラスではアーチができてない前提で
話を進めることが多く、



指曲げ反らしをたくさんしていただきますが



ハイアーチの方に同じアプローチをしていても
大丈夫なのでしょうか。



おしえていただけると助かります。





A:
ハイアーチだから、という形状にとらわれ
なくて、大丈夫です。



「動きケア」では、本来十分できるはずの
動きだけを純粋にみてあげてください。



本来十分にできるはずの動きとは、



【足部】でいうと



足指の曲げ、そらし、開き


内がえし、外がえしなどです。



右下腿足前から回外
内がえし


右下腿足前から回内
外がえし




これらの中で、十分にできない動きがあったら、
できるようにしてあげる、



という考え方で目的が達成できるはずです。



ぜひ、やってみてください。








2020年4月スタート!!
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
(日曜日クラス)(名古屋会場)受付スタートしました!!







動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「足裏で床を踏むと指が曲がる」


皆さんからのご質問にお答えする
Q&A集です。



Q:
先日教室で、
立ってもらった時、足裏床ふみをしてもらった時のこと
指先が曲がってしまうことについて聞かれました。



力をぬいてもらうと
まっすぐのばせますが、
体重がかかるとまがります。



教えていただけると嬉しいです

よろしくお願いします。




A:
アーチが崩れている、中足指節関節(親指の
第2関節、他の指の第3関節)を曲げる筋が
バランス的に機能していない状態だと思います。



テープなどでアーチ形成を補助して指曲げを行う、



母指球で床をおす、小指球で床をおす、かかとで
おす、などのバリエーションを行って、足指だけに
力がはいる動きとは別の回路も開発して、足裏に
体重がバランスよくかかるようにしたいところです。



目指すゴールが何なのかを意識して、
ぜひ、お試しください。






2020年4月スタート!!
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
(日曜日クラス)(名古屋会場)受付スタートしました!!







動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 74、Q&A集 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「脚を閉じると、膝が痛い」


動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール
からのワンポイントです。



大腿内転筋群を目覚めさせる、大腿内転筋群
の「部分・動きケア」がでてきました。




IMG_1503.jpg
Tさんに、この形からベットに膝を近づけてもらう股関節・内転
動作をしてもらったら、膝に痛みを感じるとの
ことでした。




IMG_1502.jpg
今度は、股関節を外旋して(外ねじり)した状態
で膝をベットに近づけてもらうと思うように力が
入らないとのことでした。




股関節を外旋して(外ねじり)した状態で膝を
ベットに近づけようとすると、大腿内転筋群
の中でもハムストリングスに近い「大内転筋」
あたりがたくさん働く必要がありますが、




そのあたりが十分に働いていないようでした。




IMG_1505.jpg
少しアシストして、こんな感じで股関節を外旋して
(外ねじり)した状態で膝をベットに近づけることが
できるようになりました。(かかとでベットを押せるように
なりました)。




IMG_1503.jpg
そして、さっきのチェックをしてみると、
「膝が痛くない~」




股関節の内転でも、そのまま内転、
内旋して内転、外旋して内転などの
バリエーションをチェックしてみると、
みえてくるものがあるようです。





2020年4月スタート!!
「動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール」
(日曜日クラス)(名古屋会場)受付スタートしました!!







動きケア(R)、導ヨガ(R)、動きケア(R)ウォーキングの
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 37、動きケア(R)パーソナルトレーナー養成(前半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT