姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約20年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

体前屈のみかた①




よみとる力シリーズです。





今回は、「体前屈」をみてみます。





まずは、次の写真をみてみてください。





zenkutu117526.jpg
写真①





zenkutu217526.jpg
写真②




写真①と写真②の体前屈、違いは何でしょうか?




そもそも「姿勢や動きをみる目」が養われていないと、
上の2つの「体前屈」をみても、どちらも「ただ体前屈をしてる」
だけにしか見えないかもしれませんし、




「先の写真の人は身体がかたいですね」、「後の写真の人は
身体が柔らかいですね」ということしか見えないかもしれません。




例えば、
この「体前屈の中身」を「体幹部・屈曲」(胴体の前まげ)と「股関節・屈曲」
の可動域・広さの割合でみてみると・・・・、





(明日はブログはお休み、続きは明後日の記事で
お伝えします・・・・・・)。




※復習になるので、クイズ形式の記事を楽しみにしています!と
おっしゃるTさんも考えてみてくださいね。








大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 88、よみとる力 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「痛くない運動法」



いつも一緒に学んでくださるHさんから「痛くない運動法」
の実践報告が届きました。



ご紹介します。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




70代の女性 Tさんに「痛くない運動法」をご紹介
してみました。




Tさんは、
腰丸まり姿勢、 胸椎右に側湾、パーキンソン病
立位・椅座位、歩行時も右に重心がかかっていました。




常に、違和感があり重い、体が緊張している状態で、
右上肢帯 挙上と、体幹部右側屈に痛みがあるとのことでした。




呼吸に合わせて、痛みのない方へ身体を動かしてもらいました。




すると、「痛みがない」とビックリ。
「帰ってからもやってみる」と喜んでみえました。
私自身もビックリ。少しの間でも痛みが消えて良かったと思いました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Hさん、ありがとうございました。
他にもたくさんスゴイ成果の報告をいただきました。





「痛くない方向に動かしてみる」




たったこれだけのことで「痛み」がなくなる方、案外
多いようです。




ちょっとしたことですが、知っているのと知らないとでは
大違い。




この「身体のしくみ」多くの方に知っていただきたいと切に
思います。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「S」 で確認




5月21日(日)、「導めいそう教室」からのワンポイントです。




「導めいそう教室」は「導めいそうスタート講座」を受講された皆さんが
その後、実践する中で確認したいことや新しい疑問を解決し、次の
ステップにすすむ目的で開講されています。





doumeisou117524.jpg





「導めいそう」にも段階がありますので、まずは、受講者皆さんの
現状をお伺いし、それぞれに合わせた内容をご提供しております。




この日、受講されたのは二人でしたが、そのお話、ご報告をきて
いると、いろいろな展開が、ちょっとスゴすぎて、こちらも「へえ~、
そんなこともあるんですね」と、思わず、講師の席を譲ろうとした
ぐらいでした。




仕事が順調に流れたり、人間関係的なものがスムーズにいくように
なったり、シンクロニシティ(偶然の一致)と言われるものがいっぱい
起こったり・・・・。




「導めいそう」では自分の状態は、常に「ストレス軽減モード」か、
「ストレス蓄積モード」のどちらかになっていると考えます。




当然、いつも「ストレス軽減モード」になっていることが望ましいのですが、
最初はなかなかそうはいかないものです。




「導めいそう」では、自分が「ストレス軽減モード」になっているかチェック
するキーワードを当初4つ用意してあります。




そのいずれかでチェックすると「ストレス軽減モード」にすぐ戻れるように
なります。




そして、今回、伝えしたのが、5つ目のキーワード、ここでは「S]
としておきます。





この「S]を意識できるようになると、セルフストレスマネジメントにとって
一段とプラスの状態をつくることができます。




ちゃんとつかんでいただけるか、ちょっとハラハラでしたが、
お二人とも大喜びで、なによりでした。




導めいそうは、いわゆる瞑想のように10分とか20分の時間をとって
やる形もありますが、日常の普通の生活の中でもできる形もありま
す。




お二人とも、日常生活の中で行う形しかやってなかったそうで、
(それでもこれだけの成果なんですから、それはそれでスゴイ・・・)、




「S」を体感したことは、10分とか20分とか時間をとってやる形も
やってみようというモチベーションになったそうです。




「う~ん、おもしろい」



「今日でまた、やる気がマックスになりました」




「楽しいからやる」のが一番です。ムリなさらないように。









大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 90、導めいそう | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「強烈でした・・・・」




スクールの日の出来事、



受講されたKさんが



「ファスティングをやっていて・・・、他の人が食べているのを
みるとうらやましいんです・・・」



とか話されていました。




聞けば、通常の食事に戻すまであと2日くらいのところまで
きているそうです(なんだかんだで食事制限をしてここまで1ヶ月
くらいは経過しているとのことでした)。




「その成果、 みせてください!!」とお願いすると・・・・




みせてくれました・・・・。





“ドン”




Ksan117521.jpg
(Kさん、年齢までは言えませんが女性です。念のため)。





くびれたウエスト、くっきり浮出た肋骨、スカスカになってしまった
お腹とズボンのすきま・・・・、





強烈でした・・・・。 美しさを感じます・・・・。




己を律する・・・・、




自分の中に、自分への目標を立てる・・・・




そこにチャレンジする姿勢を忘れてはいけないな・・・・




そんなことを感じさせていただきました。




Kさん、ありがとうございました。








大阪セミナー&大阪・本物塾

動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | ⇒未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「母指球でける人」





5月21日(日)、「動きのTCCTE養成スクール」(ハイレベル・プロ
動きケア(R)パーソナルトレーナー養成・後半スクール)からのワンポイント
です。





「下肢連動の調整テクニック」がでてきました。





kou117521.jpg
「下肢連動の見方と調整テクニック」を確認する皆さんです。





少しわかりやすく「部分」でみれば・・・・





例えば、いつも「足指・母指球」で地面をけっている習慣が
ある人は、足部・内がえしを伴う「足・底屈」の動きがねむって
いたりするものです。





kou217521.jpg





その動きの偏り、クセが要因でカラダを痛めた人には、
何らかの方法で痛みをなくしてあげることはもちろん、その上で
今度は動きのクセをカラダに負担をかけないものにしてあげたい
ものです。








導ヨガ、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 38、動きのTCCE(後半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT