FC2ブログ

姿勢・うごき・健康・体力 通信

運動指導者、トレーナー教育に約30年携わってきた著者からの「姿勢」「うごき」「健康」「体力」などをキーワードにした、日々の実践や経験の発信、人生をより豊かにするための教養・情報の発信ブログです。

「O脚改善」


動きケア・パーソナルトレーナー養成(後半)
スクールからのワンポイントです。




動きケアでのO脚改善のノウハウが
でてきました。





okyau20181014.jpg

大腿内転筋群が眠っている「O脚改善」で使う
テクニックを確認する皆さんです。




このテクニックを使ったら、内くるぶし同士のぶつかり
感が大きくなってしまったケースもありました。




そんな時は、内くるぶし間を開く足部テクニックを
使えば大丈夫です・・・・・、




というように、実際にパートナーの「下肢骨配列」
に合わせて、意図したとおりにパートナーの骨配列を
変えることができるか、どうかすぐにチェックしながら、
実習は進みます。




ですから、
ひとり実際に「O脚改善」のクライアントを相手に
した時と同じくらいの経験ができた方もいたようです。




さあ、次は「動きケア・パーソナル」の実践で
クライアントさんを喜ばせてあげてください。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 38、動きのTCCE(後半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「姿勢と動きのなぜがわかる本~膝・下腿の筋編~」出版までラストスパート(3)


「姿勢と動きのなぜがわかる本~膝・下腿の筋編~」出版まで
ラストスパート(3)です。




初校をチェックし出版社に返送、変更箇所の画像作成、
送付、原稿の修正と・・・・・、あと、月曜日までに2カ所
ほどの原稿送付予定です。(やっと山は越えたかな・・・・
という感じです)。




いつも応援してくださるSさん、ありがとうございます。




それでは、今日も原稿から少し、




【膝の過伸展をチェックする】


まずは、膝関節の伸展です。膝は大腿骨と下腿骨
がほぼまっすぐに配列された状態から、標準的に
は後ろには曲がりますが、前には曲がりません。





しかし、関節の弛緩性が大きいと、少し前にも曲
がってしまいます(膝が過伸展する)。





たいていは、次のような簡単なチェックで判断
できます。長座で、足首を曲げて、膝裏を床に
つけるようにして膝を伸ばすと、踵が床から浮
いてしまう場合は、たいてい膝が過伸展して
います。





膝を伸展させたときに、膝が過度に伸展し、
大腿骨と下腿骨が前方に反るような配列に
なっている膝は「反張膝」と呼ばれます。





第3章3
「反張膝」




このようなケースは、膝が過伸展していて膝の
障害が起きやすいわけですから、膝を過度に
伸ばすようなポーズを習慣的に行うことは注意
したいものです。





hizanobasisuto.jpg
注意したい例









11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 100、姿勢と動きのなぜが分かる本 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

水曜日クラス・スクール修了


動きケア・パーソナルトレーナー養成スクール、
水曜日クラスが修了しました。




修了証を手にされた受講生の方からひとこと
いただきました。ご紹介します。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



今までの痛みがあるところを施術するだけでは
本当の痛みはなくならないことを学びました。

これから身体全体をみて、痛みをとることが
でき、運動指導などもスムーズにできるよう
経験を積んで自分のものにしていきたいと
思います。

(Aさん:施術師、セラピスト)





日常生活での動きは部分だけの動きではなく、
全て連動していることを知り、全体をみること
がいかに大切であるかを知りました。

痛みがあることで考え方が変わってしまったり、
行動が制限されてしまったりする方が高齢化
社会とともに増えていくと思うので、少しでも
改善する力になりたいと、仕事に活かして
いきたいと思います。

(Mさん:施術師、セラピスト)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




どこの痛みや不調を相談されても、ちゃんと成果を
だして、喜んでもらいたい!!


そのための技能をちゃんと習得したい!!




そんな熱意と施術師としての責任感を
水曜日クラスの方からは強く感じました。




真摯に学んでくださって本当にありがとう
ございました。



より一層のご活躍、楽しみにしております。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 38、動きのTCCE(後半)スクールから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

靴を履いてあるくと膝が痛い?!



いつも一緒に学んでくださるMさんから、
興味深いメールが届きましたので、
ご紹介します。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(いただいたメールここから)





70代・女性です。





靴を履いて歩くと膝が痛いということでした。
いつものようにリハビリ室で、歩いていただい
て、その際、痛みは再現できなかったのですが、
施術後、あるきやすくなったと喜んでいただけました。





そのまま、部屋を出ていかれたのですが、自分の中で
何かが引っ掛かり、自問自答していたところ、その方が
言っていたのは「靴を履いて歩くと膝が痛い」…「靴を
履いて」という事を思い出し、急いで玄関へ行き、
その方の靴を拝見したところ、踵は大きくすり減り、しかも、
内側から外側への減り方や、左右の減り方が対象でなか
ったので、靴の交換を勧めました。





施術で改善できる事が増えると、それだけで何とかしよう
とか、施術の中でしかその人をみないような状態に陥って
しまいがちです。





今回、靴を見ようと気付けた事に、ほっとしました。




(いただいたメールここまで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





いくらリハビリ室では問題なく歩けるようになったとして
も、歪んだ靴をはいて歩けば身体も歪んだ状態で歩く
ことになります。




そのクライアントのこまごまとした日常に目を向ける
・・・・・、案外できそうでできないことですね。




靴なども盲点になっているかもしれません。




Mさん、
興味深い報告をありがとうございました。








11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 |  3、うれしいご報告! | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

「いくつになっても衰え知らず、6つの習慣体操(導ヨガ)(2)」


江南市学習講座8回シリーズ「いくつになっても衰え知らず、
6つの習慣体操(導ヨガ)講座(2)」が開講されました。





今回皆さんに好評だったのが、「足裏全体踏みしめ歩き」
でした。




現代人は、「足裏感覚」が鈍くなり、足裏で地面をふみしめる
感覚がなくなってしまった方が多くみられます。




足裏全体で床を5回押しながら、右足、左足と
進んでいきます。





kochino2018109.jpg

途中、アシスタントの先生方のチェックが入ります。
上手に足裏全体で床を押すことができていたら、
膝あたりを揺さぶられてもビクともしません。




「お腹がつかれてきた」


「身体の芯があつくなってきた」


「全身使う感じ・・・・・」




さすが、皆さん、足裏全体でしっかり床を押すため
には、お腹に力を入れないといけないし、下肢全体
に力が必要なことを理解されました。




それにしても、本日もアシスタントの先生方は
大活躍でした。




北川さん、田口さん、夏目さん、ありがとう
ございます。




そろそろ先生方が毎回みせてくれる得意の
出しものを楽しみにしてます!!という方も
でてきましたね(^^)。




受講生の方たちの楽しみが増えているようで
本当によかったです。







11月スタート!「動きケア(R)パーソナルトレーナー
養成(前半)スクール」受講受付スタートしております。



動きケア(R)、導ヨガ(R)、痛くない運動法の
(株)DOUフィットネス総合研究所のホームページ
導ヨガ 痛くない運動法 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ 導ヨガ

「拍手マーク」のクリックが私のモチベーションです。
よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ↓ ↓ ↓
別窓 | 46、市民健康講座など | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 姿勢・うごき・健康・体力 通信 | NEXT